2012年02月18日

[挽歌] 小島信夫読本の完成を待っている君たちへ

「小島信夫批評集成」を全巻予約した猛者のみに進呈される特典「小島信夫読本」の制作は、その後いったいどうなっているのか。進捗について水声社から公式にアナウンスされたのは、2011年9月13日付のブログエントリが最後である。「すでにお申込みいただいたみなさまにはかならずお届けいたしますので、いましばらくご猶予をお願いいたします」とのことだが、それから5ヶ月を経過した。この沈黙は何だろう。不気味である。よもや「なかったこと」になっているわけではないだろうが、もっとも当初から発送時期は2011年5月以降と告知されていたわけで、つまり「以降」ということは、2012年5月であっても、2051年5月であっても、とりあえず正当ではある。ここまでスケジュールが遅れていると、なぜ編集作業が難航しているのか、その理由が気にはなる。
posted by ノジマコブオ at 00:00| 雑談