2010年03月24日

[翻訳] 小島信夫の翻訳 / 小島信夫を翻訳



小島信夫が翻訳を手がけたことでも知られるバーナード・マラマッドの短編集「レンブラントの帽子」が、昨年設立されたばかりの夏葉社という出版社から、5月上旬に出版される。1975年に集英社から刊行されていた同書の復刊らしい。税込1,680円と値段も手頃だ。楽しみに待ちたい。

+ + + + +

翻訳といえば、小島信夫の小説は現在どれだけ海外で読まれているのであろう。ふと気になり、Amazonの洋書カテゴリを覗いてみたところ、英語版とドイツ語版の「抱擁家族」を発見した。小島信夫特有のあのギクシャクした文体はどのように訳されているのだろうか。意外とスッキリ読めそうな気もするのだが。

Embracing Family (英語)

Fremde Familie (ドイツ語)
posted by ノジマコブオ at 00:00| 読了