2009年10月28日

[読了] 演劇の一場面 -私の想像遍歴-

kojima_engeki.JPG [Amazon]
演劇の謎。
自作戯曲の演出にも手をそめた著者が「オイディプス王」、説教「をぐり」、「ハムレット」からカントールに至る古今東西の演劇を逍遙しながら、<<軌道から外れ、軌道に復したときには予想しなかったものをまとってくる>>演劇の諸相を軽やかに考察する。 (帯)
少しずつ読み進めていたものの、中盤から終盤にかけてすっかり集中力を失い、しばらく放置していた本書であるが、えいやっと残りわずかのページを一息に読み通し、ようやく読了。ものすごい疲労感。収録内容は以下のとおり。

:: イプセンとチェホフ
:: オニール、ミラー、ウィリアムズ
:: カフカ、ドストエフスキー、「リア王」
:: アリョーシン「恋愛論」
:: 横浜ボート・シアター「小栗判官・照手姫」
:: カントール「死の教室」
:: 小栗判官伝説と「浅茅が宿」
:: 蜷川幸雄演出「オイディプス王」
:: ヴィゴツキーの「ハムレット」論
:: パロディとしての「ハムレット」
:: 「ペリクリーズ」
:: 「ハムレット」1〜9

その他、松本和也氏によるあとがき、近藤耕人氏と青木健氏が執筆した別冊附録も挟み込まれている。「演劇」という芸術形態を透過させた向こう側にある「小説」についての考察には興味深い部分もあるのだが、そもそも僕は演劇について造詣が深くないし、小島信夫の戯曲「一寸さきは闇」を読んでから、やはり「小説家」小島信夫以外への興味を失ってしまっているようである。
とくにナゾは解こうとも思わぬし、解けてしまうナゾは、つまらぬものなのかもしれない。もともと解く解かぬというようなことよりも、想像遍歴をするうちに、私の世界が狭まるかと思うと拡がり、拡がるかと思うと狭まるということをくりかえすことを楽しみたいのである。(本書150ページより)
posted by ノジマコブオ at 00:00| 読了