2008年09月17日

[読了] 釣堀池

tsuribori.JPG [Amazon]
人間関係の危うさ、不透明さを凝視し、柔軟な感性と澄明な文体で関係の混沌に光をあて、現代文学の尖端、宗教的境地に到達した中短篇集。 (帯)
短編集。収録作品は以下のとおり。カッコ内には初出を示した。

:: 釣堀池(新潮・1963年11月)
:: 泣く話(新潮・1975年1月)
:: 歩きながらの話(文藝・1974年9月)
:: 人探し(新潮・1971年1月)
:: 仮病(新潮・1971年11月)
:: 雨を降らせる(小説中央公論・1961年4月)
:: ガリレオの胸像(自由・1961年1月)
:: 船の上(群像・1960年7月)
:: 季節の恋(別冊文藝春秋・1960年3月)

それまで単行本に収録されなかった中短編の寄せ集めなので、やや地味な印象があるのだろうか、古書市場で軒並み価格が高騰し続けている小島信夫のカタログの中でも、この「釣堀池」の人気はいまひとつのようである。しかし僕はどの作品にも新鮮な魅力を感じたし、作家の変節と頑迷さを知る意味でも見過ごすことはできない作品集ではないかと思う。

各収録作の初出を確認すると、最も古い「季節の恋」が1960(昭和35)年3月、最新の「泣く話」は1975(昭和50)年1月。約15年という長い期間を横断している。ともすれば、1968年から1981年まで雑誌「群像」に連載された「別れる理由」という異様な"カオス"に呑み込まれ、忘れ去られてしまうかもしれなかった優れた短編群が、創立間もない作品社によって拾い上げられ、このように編纂されたことは、われわれ未来の読者にとってこの上ない幸運であったと言わざるを得ない。事実、小島信夫本人も「釣堀池」に収録された9篇に関して「どんなことを書いたかは勿論のこと、書いたことさえもほとんど忘れられていた」と、あとがきの中で述べている。

表題作の「釣堀池」は、同時期に書かれた「十字街頭」と並び、後の名作「月光」へと連なっていく重要な作品である。僕はそれらを"西田天香もの三部作"と勝手に命名してみたが、そもそも小島作品にはもれなく他作品との繋がりや重なりが存在するゆえ、あらゆる"括り"はすべて乱暴になってしまう。少年の同性愛を取り扱った「ガリレオの銅像」では、爽やかさの裏に蠢く"不確か"な感情が、独特の不透明な感触を読者に与える。著者がロックフェラー財団の招きで渡米した際の体験が基になっていると思われる「船の上」も、他者に対する極端なまでの神経質さがえぐり出されていて興味深い。「季節の恋」では、処女が持ち得る清潔な観念性と障害を抱えた肉体との相克が、漠然と奇妙な読後感を残す。どこか「微笑」や「吃音学院」を読み終えた際のそれに近い。河出新書版「微笑」(1955年)のあとがきの中で著者は以下のように述べている。
私はもともと歪んだ「肉体」というものを書いて、心との間におこる落差を大にしている。時にその歪みと落差は余りにはげしくて、読者にとって楽しいものではないかも知れない。
ちなみに「釣堀池」に収められた9編の中で、小島信夫本人は「歩きながらの話」がお気に入りとのことだ。
posted by ノジマコブオ at 00:00| 読了