2008年01月10日

[読了] 対談 文学と人生(森敦・共著)


独自の創作理論を打ち立てた、二大巨人による実践的文学論。 (帯)
独自の文学世界を打ち立てた二大巨人-------小島信夫、森敦による長篇対談。昭和二十年代半ばからの知己である二人が、これまでの交遊を振り返りつつ、創作理論の<現在>を縦横に語り合う。悲劇と喜劇、内部と外部、小説におけるモデル問題、夢と幻想、演劇論等、多岐にわたるテーマを通して、二人の文学の根柢に迫るスリリングでアットホームな試み。幻の未刊長篇対談、待望の文庫化。 (裏表紙)
各章に小島信夫の「追記」が付されているのだが、とにかくこれが面白くて仕方ない。途中から「追記」を読むために本編を読んでいるような気分になってくる。決して本編がつまらないというわけではなく、むしろ読み応えのある濃密な対談なのだが、おそらくこの対談集の性質は「追記」の有無で随分変わってしまうのではないかと思う。
posted by ノジマコブオ at 00:00| 読了